1月クリニックのお花

クリニックのおしらせ
2021年01月24日

 

PXL_20210122_002504841.PORTRAIT (1)

八重チューリップ

PXL_20210115_000116462.PORTRAIT (1)

チューリップ・ソリダコ

PXL_20210114_235931786.PORTRAIT (1)

ワックスフラワー

PXL_20210109_034322015.PORTRAIT

アゲラタム

PXL_20210109_034205975.PORTRAIT

ポピー

緊急事態宣言に伴う対応について

クリニックのおしらせ
2021年01月14日

本日1/14(木)から、福岡県を含む11都府県を対象に緊急事態宣言が発出されました。
当院では、感染対策に十分配慮しながら、緊急事態宣言の期間中も通常通り診療を行っています。

 

・スタッフはマスクを着用の上、こまめに手指消毒を行い診療業務にあたっています。

・スタッフおよびその家族の健康状態を日々確認しています。

・患者様の手が触れる場所、座る場所などの清拭を頻回に実施しています。

・寒い季節ではありますが、換気を定期的に行っています。新鮮な外気が通るよう、ドアや窓の密閉を避け、空気清浄機やサーキュレーターを各所に設置しています。

・体調がすぐれない方や発熱された方は、待合室ではなく車内もしくは別室で診察させていただいています。必要に応じてPCR検査が可能な医療機関に紹介も行っています。(当院にかかりつけの患者さんに限ります)

 

どうぞ安心してご来院ください。

 

なお、運動教室につきましては、当面の間クリニックでの開催は休止いたします。
休止中はスマートフォンやタブレットなどを用いたオンライン運動教室で対応します。
ご興味のある方は、メール(mmc.exercise@gmail.com)にてお問い合わせください。
注)上記のメールアドレスはオンライン運動教室専用になります。
診療に関するお問い合わせには返答できませんので、直接クリニック迄お電話にてご連絡ください。

Ns  みんなでマスク

南風通信 1月号

クリニックのおしらせ
2021年01月08日

IMG-1981

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今月号の南風通信は、院長、センター長の新年の挨拶、オンラインで実施したクッキングのレポートを掲載しています。

ぜひご覧ください。

南風通信1月号←こちらをクリックしてください。

2021年 新年のご挨拶

院長メッセージ
2021年01月05日

新年あけましておめでとうございます。

と言っても新型コロナウィルスが感染拡大している今年のお正月は複雑な思いです。

20210103_0717412021年1月3日 大濠公園

昨年は、新型コロナウィルスにより世界が恐怖にさらされました。誰もが予想できなかった事態に皆様の生活も大きく変わったことと思います。当院でもスタッフ全員で感染予防対策には力を入れ、幸い院内感染など引き起こすことなくスタッフ一同元気で過ごすことができたことに感謝申し上げます。糖尿病教室や患者会、バスハイクなど皆様楽しみにされていましたイベントができなかったことは大変心苦しく、残念でなりませんでしたが、後半は一部オンラインを利用して開催致しました。来年は集会が出来るようになるまでは、オンラインなどを利用してできることを行いたいと思っております。

個人的には、学会や出張、サマーキャンプやホノルルマラソンなど、例年行っている仕事やイベントがすべて中止またはオンラインでの開催となり、皆様に直接お会いできなかったのは寂しい限りでしたが、おかげで時間的な余裕ができました。それまでは、日曜日も講演や学会の委員会などで全国を飛び回っていましたが、時間ができたおかげで料理やウクレレ、向日葵やチューリップの栽培、日々のジョギングなど、小さな幸せを沢山感じることができた年でもありました。

DSC_0309_120200812_16565620200813_185157DSC_0306

 

今年のお正月は数年ぶりに寒かったですね。

この寒さに負けずに毎日早朝ランニングは続けました。

残念ながら初日の出は雲に隠れて拝むことができませんでしたが、1月3日は好天に恵まれ、綺麗な朝焼けをみることができ、その後初詣ランをしました。神社で「今年はコロナが終息して、早く平穏な日々に戻してください。」とお願いしました。

20210103_100433_4962021年初詣ラン 愛宕神社 received_1598209107233840 2021年1月大濠公園

 

平穏な日がもどって来るのはもう少し時間がかかりそうですが、新型コロナウィルスに負けないように体力、筋力、気力を付けたいと思っています。

 

今年はどんな年になるのか、今はまだ予想が付きませんが、何があっても“臨機応変”に対応し、何事も“創意工夫”して出来るようにスタッフみんなで協力して診療と研究に励みたいと思います。

 

また、今年は昨年開催の予定でありました、第26回小児思春期糖尿病学会の学会長を仰せつかり、6月20日に延期して開催します。私にとっては初めて学会を任せられる立場となり、その責任を重圧に感じておりますが、皆様の期待にお答えできるような学会にしたいと思っております。

感染症対策に取り組みながら、より充実した糖尿病診療と研究を目指してスタッフ一同頑張ってまいります。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

PS:今年もチューリップの球根が芽を出し始めました。こんなに寒い時期に土の中でしっかりと根を張って春の準備をしているのですね。我々も今が忍耐の時期かもしれません。きれいな花を咲かせるために、この辛い時期にこそがんばりましょう!

新年のご挨拶と南糖尿病臨床研究センター機関誌発刊のお知らせ

センター長メッセージ
2021年01月02日

新年明けましておめでとうございます。

昨年は医療も含めてあらゆる社会活動が大きく阻害されました。カレンダーをかけかえながら、それでも時の移ろいに変わりがないことを実感いたします。

ふと、家の外に目を落とすと、庭のバッタを狙っていたカマキリがいつの間にか卵に姿を変えて越冬に備えています。私たちもいつか訪れる春を信じて歩み続けなければと、思いを新たにいたします。

現在、南糖尿病臨床研究センターは内外を含めて多くの臨床試験に関わっています。糖尿病患者さんの重症化を予防する取り組みは、きっとウイズコロナ時代に求められる医療技術に還元されるものと期待します。皆様には大変お忙しいところ、平素よりご理解とご協力を賜りまして、心より感謝申し上げます。

さて、私たちの研究活動の成果が患者さんはもちろんのこと、社会全体に広く活用いただけるよう、機関誌の発刊をもってご報告したいと思います。誌名は“bagel party”で、分断する知を研究者の和で紡ぐというセンターのポリシーを込めています。くだけた表現と内容を心がけますので、老若男女皆々様にお目通しくださいましたらと願ってやみません。※お子様・若者にも読んで欲しいのでもう少しエンターテイメント性を出しても良かったかなと思っています。次回以降…(^_-)

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

http://www.minami-cl.jp/topics/cadmin/pdf/5ff040b857fdd.pdf

BP2101

〒815-0071 福岡県福岡市南区平和1-4-6
TEL.092-534-1000・FAX.092-534-1001

Copyright © 2014 clinic masae minami. All rights reserved.