7月クリニックのお花

クリニックのおしらせ
2021年07月26日

image_72192707 (4)

初雪草

image_50410497

スカシ百合

image_50349057

ヒペリカム・グリーン

image_6483441 (1)

ギガンジューム・ブルーパフューム

image_50387969

スターチス・ユーカリ

image_50341377

パイナップルリリー
(その名の通り、あまりにもパイナップルに似ていますよね。
 実は『ユーコミス』という立派な正式名称もあるのですが
 その形状から欧米でもパイナップルリリーとの呼び方が定着しているよう。
 パイナップルも美味しい季節になりましたね!)

image_50399233

ガマの穂・マオラン

image_6483441

ケイトウ・マオラン

image_72192707

オーニソガラム・サンデルシー

image_50383617

ヒマワリ

【7/31開催】Type 1 ステップ・アップ・クラブ【要事前登録】

クリニックのおしらせ
2021年07月06日

タイトルにある通り、7/31(土)1型糖尿病の患者さんを対象にオンラインの会を開催します!
詳しくは以下をご確認ください。

 

 

九州も梅雨明けは間近。
開放感のある季節……!!!! が近付いてきましたね!

beach-3121393_640

 

ただ、まだまだ外出は気軽にできないし。。。
糖尿病に関する色々な不安や悩みについて、
ゆっくり話を聞いたり、相談しあったりすることも中々できないですよね。

medical_mask_toru

……ということで、今回1型糖尿病の方向けのオンラインの会を開催することにしました!
その名も『Type 1 ステップ・アップ・クラブ』です。(→登録はこちら

日時は7/31、土曜日のお昼14時から開始します!

今回は、どうしても悩むことの多い「周りの人への伝えかた、話しかた」について
自身も1型糖尿病である管理栄養士の田村から、実体験を中心に話をしてもらいます!
オンラインなので、スマートフォンやパソコンがあればどこからでも参加できますよ。

online_kaigi_suit_woman

その後は時間を見つつ、オンライン上でグループに分かれて、
患者さん同士で話せる時間も作ってみようと考えています。(希望者のみ)

基本的には18歳未満の患者さんと発症3年未満の患者さん向けに行いますが、
南昌江内科クリニックにかかりつけの1型糖尿病患者さんなら誰でも参加OKです
※南昌江内科クリニックに通院されていない患者さんはご遠慮ください。

最初の田村さんの話はとても面白いので、そこを聞くだけでも大丈夫ですよ。
Type 1 ステップ・アップ・クラブ」は、今後も定期的に開催していく予定です。

興味のある方は、ぜひこちらをクリックして参加登録ください!(※事前登録必須です)

music-1813100_640

皆さんの参加をお待ちしています!

南風通信7月号

クリニックのおしらせ
2021年07月01日

七夕

 

南風通信7月号では、

先生紹介や歩の会で開催されたオンラインお話会についての記事が

掲載されています。ぜひご覧下さい。

南風通信7月号←こちらをクリックしてください。

 

 

6月クリニックのお花

クリニックのおしらせ
2021年06月28日

アンスリューム

アンスリューム

エレムレス&ロシアンオリーブ&エミューフェザー 

エレムレス・ロシアンオリーブ・エミューフェザー
(エレムレス Eremurus 中東原産の宿根草。
見てわかる通り、1本に300〜500の花をつけることも。
別名はDesert-Candleというそう。直訳すると砂漠の蝋燭……想像できますよね!)

 

トウチクラン&アルストロメリア②

トウチクラン・アルストロメリア

ひまわり(サンリッチライチ)

ひまわり(サンリッチライチ)

マトカリア&ドラセナ・リフレクサ

マトカリア ドラセナ・リフレクサ

モダルナレモン&カンパニュラ

モダルナレモン・カンパニュラ

リューカデンドロン・ガマの穂・ハラン

リューカデンドロン・ガマの穂・ハラン

姫ユリ

姫ユリ
(花担当は学生の時、合唱曲でひめゆりの塔という曲を唄ったことがあります)

【無事に終了しました】(医療関係者向け)第26回小児・思春期糖尿病学会

クリニックのおしらせ
2021年06月23日

1893EA9A-E49D-4890-87BB-457A5084EAA5

当院の南院長が大会長を務める
第26回 小児・思春期糖尿病学会 年次学術集会が、6/20(日)に福岡で開催されました。

今回は緊急事態宣言下だったこともあり、完全web形式での開催となりました。
小児・思春期糖尿病に関する多くの興味深い発表が全国各地より行われ、
大いに盛り上がりました。

最終的に400人に迫る大変多くの方にご参加いただき、盛会裏に終了しております。
ご参加いただいた全ての方、そして関係した全ての皆さまに、この場を借りて深く御礼申し上げます。

 

本学術集会のテーマは『自立への扉を拓くために』でした。
今回の学術集会での学びが、皆さまや皆さまが接する全ての患者さん、
それぞれにとっての自立への扉を拓く一助になれば幸甚です。

【無事に終了しました】(一般の方向け)小児・思春期糖尿病学会 公開シンポジウム

クリニックのおしらせ
2021年06月23日

名称未設定

ご案内していた公開シンポジウムは、無事に終了しました。
最終的に患者さんやそのご家族の方を中心に400名近いご参加をいただきました。
多くのご登録・ご参加、本当に有難うございました!

小川弓子先生のお話や4人のシンポジストの方のお話はとても心に響くもので、
実際の体験や経験のお話だったこともあり、多くの方にとって心の道標となったのではないでしょうか。

なお、本シンポジウムはオンデマンドでの配信の予定はございません。
ただ、どの先生も素晴らしいお話でしたので、
今後患者会などのイベントでお呼びする際にはまた告知させていただきます。

 

————–(以下、参加者募集時に出していたご案内です。既にシンポジウムは終了しています)————

 

6/20(日) 14:00〜16:10に開催する公開シンポジウム市民公開講座)のお知らせです。
今回の公開シンポジウムは、第26回 小児・思春期糖尿病学会の開催にあわせて行われます。(当院の南院長が大会長を務めています!)
本日から参加登録を開始しました

今回の公開シンポジウムは、現地開催+web配信のハイブリッド形式で実施する予定です。
※現在はweb参加の登録のみ受け付けています。6/14正午が締切ですので奮ってご応募ください!!!!

前半は小川弓子先生から自立についてご講演いただき、
後半は患者さんやその母親から、「自立」に関する体験談をお話しいただきます。参加費はもちろん無料です!
公開シンポジウムの詳細は以下のURLからご確認ください。

http://www.congre.co.jp/jspad26/symposium/index.html

 

なお、参加には事前参加登録が必須となっています。
web配信がありますので、ご自宅や出先からでも参加できます。ぜひお気軽に参加登録してくださいね!
参加登録はこちらからお願いいたします。

 

皆さまの参加を心よりお待ちしています!

南風通信6月号

クリニックのおしらせ
2021年06月04日

かえる

 

南風通信6月号では、当院のコロナワクチン接種の状況や

血糖トレンドセミナーonlineの記事が掲載されています。

ぜひご覧ください。

南風通信6月号←こちらをクリックしてください

5月クリニックのお花

クリニックのおしらせ
2021年05月27日

image_72192707 (2)

バッカリアローズ

 

image_50382337

カンパニュラ・ブルースター

IMG-0398 (1)

クレマチス

IMG-0388 (1)

芍薬

IMG_0403

ハヤトアリウム

IMG_0414

グラジオラス
(ラテン語で「剣」を意味するグラディウスに由来しています。
オランダショウブ(オランダ菖蒲)との別名もあるようですよ。オシャレですね!)

image_72192707 (3)

スプレーマム・ギボウシ

image_50439681

スターチス・アワ・オリヅルラン

 

南風通信5月号

クリニックのおしらせ
2021年05月10日

carnation_hanataba

 

当院の部活動と、6月の公開シンポジウムについて記載しています。
公開シンポジウムは無料webで参加できますよ!(こちらから事前登録必須です)

ぜひ、ご覧ください。

南風通信5月号←こちらをクリックしてください。

2020年度 南風通信←バックナンバーはこちらです。

「bagel party」南糖尿病臨床研究センター機関誌2021年第2号を刊行しました

センター長メッセージ
2021年05月06日

新年度を迎え、新しい生活を始められた方も多いことと思います。

南糖尿病臨床研究センターでは多くの方々のご理解とご賛同によって臨床研究が円滑に進行しています。厚く御礼申し上げます。
今回もご協力頂いたアンケート結果から小森田祐二先生がすばらしい成果を上げられましたので皆様にご報告をさせていただきます。
また、クリニック外からご参加くださっているセンター研究員の方々も併せてご紹介いたします。

私の方からは、患者さんの合併症への不安を少しでも和らげたいと思い、「合併症をあきらめない」シリーズを今号から連載します。
まずは、“腎臓をあきらめない”ということで、治療の進歩や透析予防指導の取り組みについてご紹介いたします。

これからもセンターの活動にご支援をよろしくお願い申し上げます。

「bagel party」南糖尿病臨床研究センター機関誌2021年第2号のダウンロード (PDFファイル 3.74MB)

BagelParty202105

 

〒815-0071 福岡県福岡市南区平和1-4-6
TEL.092-534-1000・FAX.092-534-1001

Copyright © 2014 clinic masae minami. All rights reserved.