「bagel party」南糖尿病臨床研究センター機関誌2021年第2号を刊行しました

センター長メッセージ
2021年05月06日

新年度を迎え、新しい生活を始められた方も多いことと思います。

南糖尿病臨床研究センターでは多くの方々のご理解とご賛同によって臨床研究が円滑に進行しています。厚く御礼申し上げます。
今回もご協力頂いたアンケート結果から小森田祐二先生がすばらしい成果を上げられましたので皆様にご報告をさせていただきます。
また、クリニック外からご参加くださっているセンター研究員の方々も併せてご紹介いたします。

私の方からは、患者さんの合併症への不安を少しでも和らげたいと思い、「合併症をあきらめない」シリーズを今号から連載します。
まずは、“腎臓をあきらめない”ということで、治療の進歩や透析予防指導の取り組みについてご紹介いたします。

これからもセンターの活動にご支援をよろしくお願い申し上げます。

「bagel party」南糖尿病臨床研究センター機関誌2021年第2号のダウンロード (PDFファイル 3.74MB)

BagelParty202105

 

新年のご挨拶と南糖尿病臨床研究センター機関誌発刊のお知らせ

センター長メッセージ
2021年01月02日

新年明けましておめでとうございます。

昨年は医療も含めてあらゆる社会活動が大きく阻害されました。カレンダーをかけかえながら、それでも時の移ろいに変わりがないことを実感いたします。

ふと、家の外に目を落とすと、庭のバッタを狙っていたカマキリがいつの間にか卵に姿を変えて越冬に備えています。私たちもいつか訪れる春を信じて歩み続けなければと、思いを新たにいたします。

現在、南糖尿病臨床研究センターは内外を含めて多くの臨床試験に関わっています。糖尿病患者さんの重症化を予防する取り組みは、きっとウイズコロナ時代に求められる医療技術に還元されるものと期待します。皆様には大変お忙しいところ、平素よりご理解とご協力を賜りまして、心より感謝申し上げます。

さて、私たちの研究活動の成果が患者さんはもちろんのこと、社会全体に広く活用いただけるよう、機関誌の発刊をもってご報告したいと思います。誌名は“bagel party”で、分断する知を研究者の和で紡ぐというセンターのポリシーを込めています。くだけた表現と内容を心がけますので、老若男女皆々様にお目通しくださいましたらと願ってやみません。※お子様・若者にも読んで欲しいのでもう少しエンターテイメント性を出しても良かったかなと思っています。次回以降…(^_-)

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

http://www.minami-cl.jp/topics/cadmin/pdf/5ff040b857fdd.pdf

BP2101

〒815-0071 福岡県福岡市南区平和1-4-6
TEL.092-534-1000・FAX.092-534-1001

Copyright © 2014 clinic masae minami. All rights reserved.